Darwin Feedback ~ ビジネススタンスフィードバック研修

研修内容1 – STARの観点による基本行動の振り返りと実践度テスト
  • 入社後の成功と失敗をSTARの観点で整理する。
  • STARの観点を日常のビジネスシーンで実践できているかどうか、ケースワークを用いてテストを行う。
研修内容2 – 強み弱みの把握と周囲からの期待の理解。目標に向けた具体的なアクションプラン設定
  • サーベイによる他者認知(期待と満足)の理解
  • サーベイを基にした開発課題・行動目標の設定

 

新人研修内容に関する図(2)

診断の観点 Say ●発信性
業務を円滑に進めるために必要な情報(進捗状況や結果、ミスやトラブル、
改善策など)を上司や関係者に的確に伝える。
●主体性
問題意識を持ちながら、常に主体的に仕事に取り組みつつ、自分自身の
考えや意志を積極的に相手に伝える。
Target ●目的性
自分の役割を適切に理解し、常に役割に応じて目的立脚で自分自身の
行動を考えながら物事に取り組むこと。
●計画性
効率的に仕事を行うために、段取りを意識して業務を進めることや、
不測の事態に対しても柔軟に計画を修正すること。
Action ●迅速性
スタートダッシュを意識しつつ、曖昧な状況下でも一歩踏み出し、
状況に応じて素早く修正行動をとること。
●確動性
納期意識を持ちつつ、ひとつひとつの仕事をミスなく進め、
途中で投げ出すことなく最後までやり抜くこと。
Roleplay ●受信性
上司や先輩からのアドバイスを素直に受け止める姿勢を持っていることや、
職場や業務に対する情報を適切に収集すること。
●協調性
相手の立場を理解しようと努め、周囲とでも気持ちよく仕事をできるよう
チームワークを意識しながら仕事に取り組んでいること。

関連コンテンツ一覧