Columbus Leadership ~ リーダーシップ開発研修

リーダーシップ研修1 – リーダーシップのパラダイムチェンジ
  • リーダーになるためには、役割リーダーシップから行動リーダーシップへのパラダイムチェンジを図る必要があります。

リーダーシップ研修2 – リーダーの視界
  • メンバーとリーダーでは、物事を判断するときの視界が異なります
  • リーダーは「高く」「長い」視界で状況を把握した上で、目的(WHAT)を設定するべきです。

リーダーシップ研修3 – リーダーが発揮すべき影響力の源泉
  • 目的の達成に向けてメンバーから望ましい行動を引き出すために、リーダーはメンバーに対してリーダーシップを発揮する必要があります。
  • リーダーが発揮すべき影響力の源泉は「専門性」「厳格性」「一貫性」「魅了性」「返報性」の5つです。
  • メンバーによって発揮すべき影響力の源泉は異なるので、自身の影響力の傾向を把握した上で、環境に合わせて適切なリーダーシップを発揮x0bできることが重要です。

関連コンテンツ一覧