Ryoma Intercutlrual Communication ~ 異文化コミュニケーション研修

グローバル人材育成研修1 – コミュニケーションの手段と前提理解
目的

異なる人とのコミュニケーションにおいて手段だけではなく前提もすりあわせなければ
ならないことを理解します。

内容

自己紹介ワークを通してバーバル(言語)だけではなく、ノンバーバル(非言語)も
重要であることを理解します。
コミュニケーションの前提には時間観・空間観があることを理解します。

グローバル人材育成研修2 – 異文化対応
【1】時間・空間 【2】言語・非言語
目的

異文化における時間観・空間観の違いやコンテクストの違いを理解します。

内容

時間観・空間観の違いは、国ごとの文化や個人の生活習慣に大きな影響を受けていることを
理解します。

コンテクストの違いを理解し、自分のコンテクストの特徴を確認します。

グローバル人材育成研修3 – 異文化対応トレーニング
目的

日本人が直面する異文化コミュニケーションのケースを通して現地での悩みを
疑似体験します。

内容

ケースワークを通して、日本人特有のコミュニケーションスタイルを理解します。

実際に日本人が直面するシーンを取り上げ異文化コミュニケーションの練習を行い、

グローバル人材としてのスキルを身につけます。

関連コンテンツ一覧