• HOME
  • LMI-SOLUTION
  • 事例
  • “お客様の満足を追及する”ために、新入社員のスタートダッシュは欠かせません。

“お客様の満足を追及する”ために、新入社員のスタートダッシュは欠かせません。


国内飲料最大手 A社

最高の品質と心のこもった行動を通じてお客様の満足を追求し、世界の人々の健康で豊かな社会の実現に

貢献し続けるAグループ。
その企業理念とDNAをベースに、ダーウィン研修を導入した理由を戦略企画本部のH氏に伺いました。


ダーウィン研修を導入した理由は?

常にお客様の嗜好に合わせて、サービスを変化させていかなければなりません。過去の成功体験に囚われず、

流行や細分化されたニーズに応える“最高の品質”と“心のこもった行動”が不可欠なのです。
その品質と行動を生み出す原動力が、弊社のDNAである「挑戦・革新・創造」。

新入社員には、このDNAを受け継ぎ、さらなるチャレンジ精神を生み出す心構えを早期に身に付けてもうらことを

期待し、ダーウィン研修を導入しました。


今回の研修の役割は?

私たちは、新入社員の育成を重要な課題として捉えています。
4月に入社後、8月末までは直接担当するエリアやお客様を持たせず、自力が付くまでじっくり成長を促します。

逆に9月以降は、新入社員といえどもグループ全体に大きな影響を与える一人前の社会人になることが求められます。
そこで、入社後すぐにダーウィン研修を実施し、「本気の心構え」を持たせるとともに、そこで見つけた目標や

今後の課題を8月までのOJTで達成するよう流れを組んでみました。

つまりダーウィン研修には、社会人としてのスタートダッシュの起爆剤の役割を担ってもらいました。


どのような心構えを持たせることを期待しましたか?

会社概要や、各部門の機能や役割など専門的な領域を理解することも重要ですが、まず、

学生から社会人になったという気持ちの切り替えを行い、自分の社会人としての目標を明確にする。

そして、それを実現するための高いモチベーションを自己発電する心構えを持たせるよう期待しました。

 

その点、ダーウィン研修の「やりたいこと(自己理解)」「やるべきこと(ビジネススタンスの形成)」

「やれること(ビジネススキルの習得)」の各領域を広げさせ、その重なりの中から“自立的な目標”を掲げさせる

コンセプトは、とても効果的だと感じました。

 

この研修で、新入社員達は、自分の現状を理解し、足りない能力に気付き、自分なりの視点で課題を見つけ、

さらに向かうべき方向を持つことができたと思います。


今回の研修は心構えを持たせることに有効でしたか?

かなり厳しいビジネスの疑似体験プログラムがあったのですが、これがとても有効だと感じました。

グループワークを通して、お客様にプレゼンテーションを行う内容なのですが、メンバー達と協力し、

PDCA(PlanDo Check Action)を行う中で、最後までやり切る責任感や、チームワークの重要性、

コミュニケーションの大切さなど、社会人に必要な様々なことに気付き、学んだようです。

 

プレゼンで自分たちのグループの紹介、そして何よりも自分自身をお客様に信用頂くために、

何を語らなければならないかを疑似体験したことで、私たちの実ビジネス、つまり弊社の経営理念を

言葉だけで理解するのではなく、何が大事なのか、お客様の視点に立って、自分の言葉で

語ることの大切さを感じ取ったようですね。


受講者からの感想は?

各新入社員からは、「仕事を面白くするためには、本気にならなければならない」「挑戦することは辛いけど、

振り返ると自分の成長に繋がる」「お互いの意見やアイデアを尊重しながら、一つの結論に達していく

プロセスは大切である」など積極さを感じる様々な感想を聞くことができました。

 

また、「お客様の満足を追及するためには、失敗してもくじけずに何度でもトライするチャレンジ精神が必要だ」

「言われたことだけでなく、常に挑戦し続けることが、お客様の期待を超える満足感を提供できる」という意見も

出てきており、チャレンジ精神という弊社のDNAが受け継がれたことも感じました。

 

今後はビジネス社会に、そして弊社にしっかりと根をはり、幹を太くして成長できると思います。

関連コンテンツ一覧