異文化コミュニケーション研修

異文化コミュニケーション研修概要

■異文化を客観的に捉える「MAPs」
■異文化を可視化する「IDCT」
■ロー/ハイコンテクスト
■会議スタイル(ラグビー/ゴルフ)
■権力格差(平等・不平等の演出)
■責任範囲(テトリス/アメーバー)

異文化コミュニケーション研修の進め方
  • 異文化コミュニケーションを学ぶためにバイリンガルの外国人講師が日・英両言語で、かけ合い形式で指導します。
  • ロールプレイを多用し、実際のビジネスシーンに基づいた具体的な場面を演じて見せることで、概念的な理解にとどまらない実効性の高い理解を促します。
  • ペア・ワークやディスカッションなどの機会を要所に設け、自分自身の仕事の進め方やコミュニケーション・スタイル、さらに自社の企業文化を客観的に振り返ります。
カスタマイズ
  • 講師の英語・日本語の比率は、参加者特性に合わせて柔軟に調整が可能です。
  • 自社にあわせたケースワークの作成も可能です。
  • 本研修の観点を踏まえた、プレゼンテーション、ネゴシエーション、ミーティングマネジメント、評価者研修などがございます。
運営体制

バイリンガル外国人講師2名

※講師の紹介はこちら
http://link-gs.co.jp/solution/facilitators/

使用言語

英語・日本語

※参加者のレベルに合わせて比率を調整可

異文化コミュニケーション研修の実績・事例など

・異文化コミュニケーション研修風景の動画はこちら
https://youtu.be/M03A2utEnY0

・異文化コミュニケーション研修の実施事例はこちら
http://link-gs.co.jp/casestudy/

関連コンテンツ一覧